脱毛方法の上手な選び方

クリニックとサロンで受ける脱毛施術の違い

脱毛施術を受けるにはクリニックなどの医療機関か、エステサロンで受けるといった2つの種類に大きく分けられます。
医療機関で受けるレーザー脱毛は、医師が直接施術を行うため医療行為となります。そこで使われるレーザーも出力の高いものや表皮麻酔といった医師免許を持った人でないと出来ないことも可能です。しかし、出力の強いレーザーを使うので、レーザーの照射時に痛みが強いものも多いです。
エステサロンで受ける脱毛施術は、医療機関よりも低い出力のレーザーを使います。そのため、痛みは少ないですがクリニックでの脱毛よりは脱毛効果が低いことが特徴です。
どちらにもメリット・デメリットがあるので、痛みが苦手な人はサロンでの施術がオススメですし、短期間で終わらせたい人にはクリニックでの施術がオススメとなります。

脱毛施術において気をつけること

医療機関・サロンに関わらず、脱毛施術を受ける場合にはいくつかの注意点があります。 それは、施術後の保湿を怠らないことです。施術を受けたばかりの肌は乾燥しやすくとても敏感です。そのままにしていると、肌荒れや炎症、黒ずみといった肌トラブルが起きる可能性が高くなります。 さらに施術中の痛みを軽減するためにも保湿をしていると軽減することができます。 そして施術を受けた当日は、直射日光を浴びないように気をつけることも大切です。紫外線によるダメージによって肌が炎症を起こしやすいからです。 また、施術後もレーザーを照射した部分がほてっている場合には、その日の入浴はシャワーだけにして身体をクールダウンさせておくと早く引きます。