施術後はこのようなことに注意!

脱毛施術後の過ごし方

レーザー脱毛の施術を受けた部分の肌は、ほてっていて敏感になっています。 したがって、施術を受けた日の入浴はシャワーだけにして湯船には浸からないようにします。敏感になっている部分にお湯をつけることによって、ほてりが長引く可能性があるからです。 また入浴後にはいつものスキンケアである化粧水や乳液・保湿クリームなどをレーザーをあてた部分にしっかりと塗りこむことも大切です。 レーザーをあてた部分は乾燥しやすくなっているので、そのままにしておくと肌荒れやシミ・シワの原因となってしまいます。 さらに水分もよくとって身体の外側と内側から潤いを保つようにすることをオススメします。 お肌のケアは、お肌の健康を保つことと脱毛時の痛み軽減にも繋がります。

レーザー脱毛後にしてはいけないこと

レーザー脱毛を受けた後のムダ毛は2週間もすれば自然に抜けます。
したがって、その間に生えてくる毛は原則そのままにしておくのが良いです。毛の生えかわる周期に合わせて施術を行うことが大切だからです。
また、ムダ毛がどうしても気になる場合には毛抜きを使って毛を抜くことはやめましょう。
レーザー脱毛は毛を含めた毛根部分のメラニンに反応をして脱毛効果を得ます。毛抜きで毛を抜いてしまうと、照射する部分がなくなってしまうのでレーザーがうまく照射されない場合があります。どうしても気になる場合には、カミソリで毛の流れにそって剃るくらいにとどめておきます。
なお、女性の場合には生理となるべく重ならないようになタイミングで計画を立てましょう。

医療レーザー脱毛を東京で受けるメリットとして、格安価格の施術が導入されている店舗を自由に選べることや、交通アクセスが良いことがあります。